ごあいさつ

楽しいことはあるけど不確かで信用できないし、わたしが好きな人たちはわたしがいなくても笑って生きていけるし、自分がつくり出せる夢とか幸せとかは本当に少ないことを思うと、なんでわたしはにこにこしてんのか分からないと思ってしまってめちゃくちゃ泣いてしまうわ、どうやって生きていたか思い出せないんだけどそういえばずっとずっと同じ気持ちだった気もするよ。難しくないのにいつも難しくしてしまって、臆病でたまらないのでごちゃごちゃの部屋から一歩も出られないのだ、たいへん困る。傷つかないようにとか、あまり幸せになりたくないとか思いながら、なるべく気持ちを平たく平たく伸ばして生きてきたせいで意味が分からなくなってしまった。かなしさを忘れることとか苦しかった頃の自分と握ってた手を離すことが申し訳なくて罪悪感でいっぱいになってしまって耐えられない。とんだメンヘラだ。

ピアノだけは好きになってこれからを生きたいので、意地でもやらなくちゃ。ピアノが嫌いだ!と思ってしまってそれが本当に本当に悲しくて、我慢できなくて泣きながら歩いて帰った冬が報われる方法がこれしかない。このままじゃあ、いちからまたピアノを好きになればいいよって小さくてかわいいピアノを買ってくれたあの人に合わせる顔もない。その時は全然、全然そうじゃないよ、馬鹿にしてるでしょうって思ったんだけど、本当に笑えてきてしまっていつのまにかお守りになってしまっているよ、こんな大きなお守りなんかあったらたまんないよ。

今年の秋はよく晴れていた秋だった、なんだかずっと晴れてたと思う。だんだん雨の日が増えてきてもうそろそろ今年も冬が来てしまう。冬も好きだなあ。願いと祈りは続いてくのだ、たぶん。

ちぐはぐな部品

スピッツは、暗い部屋の中から見る夏の日なたとか、埃が舞ってる窓とか、早く起きすぎた朝の畳の匂いって感じ、いつでもそこにいるんだけどすごくよそよそしいんだよな、ということを考えていた。わたしの生活にだけすっかりすっぽり染み込んでしまっているので感情が介さない。スピッツはわたしにとって世界にただひとつ、いつでも側にあるひんやりしたものだ。

 

 

f:id:aurora40:20181007163617j:image

こんなに天気のいい日だけど家でひとりゆっくりだらだらレコード回したり本をめくったり花を飾ったりしている。4年間で集めたCDやなんやかんやを整理してたら結構まあまあな量にはなっていて、これ来年の引っ越しめんどくさいな〜なんて思っている。

それにしてもとっても贅沢な日曜日だ。でもこれ、わたし晴れた日しかこういうことできなくて、洗濯とかも、だから雨が続くと上手に生活ができなくなってしまう。

 

 

できればからりと晴れたあたたかい秋が永遠に続いてほしいものです。そんで鈍行で田んぼとか眺めたり。

涙も汗も吹き飛ぶ

おじいちゃんのお見舞いのため秋田に帰った、おじいちゃん、少しよいでなさそうな感じだったけど、看護師の悪口を言ってた、安心だね。関係ないかもしれないけど目のふちが青くてちょっと綺麗だった、どうかどうか1日でも長くわたしたちといてちょうだいね。どうかどうか。

 

変な意地を張っているため、完全に気持ちがダメな時に実家に帰ることに抵抗があった、そこを拠り所にしたくない。わたしの帰るところはわたしが決めたい。変な意地で、どうでもいいことだ。けれど、それでもこちらにまた戻ってくるときはまるで首根っこをつかまれてるような気持ちで、本当に後ろ向きのままで乗り物に乗ってきた。景色はびゅんびゅん飛んでいった、どうせならこのまま五千光年の夢でも見させておくれよね。

HOPE

昨日と今日、とっても気待ちのいい秋晴れの日だったので、ずっとずっと上を見ながら自転車をこいでいた。本当にずっとずっと上を見ていた。長い雨は夏を完全に連れ去ってしまったことがわかった。ついでに上を見ていてもだいたい自転車をこげて、家に帰れることもわかった。事故をおこしそうだったのでもうしない。

 

昨日はテレビーズを聴いて、スピッツを聴いて、カネコアヤノを聴いて、今日はシャムキャッツを聴いて、コモンビルを聴いて自転車をこいだ。あの日のこととか、違う日のこととか、去年とか、2年前とか、もっと前とかをたくさん思い出していた。晴れた秋はずっとずっと好きだ。毎日が晴れなら息がしやすいのになあ。

 

今月もまた1冊絵本を買った。これのおかげで毎月がたのしみになっている。小学校の頃は友達と上手く遊べなかったので家に帰ってひとり絵本ばっかり読んでいた。

友達、友達ってうわごとみたいにいつも言っていて馬鹿みたいだなあと我ながら思うけれど、本当にそうなんだよね。21歳になっても未だに、新しい友達ができた日の夜は頭から布団をかぶって泣いています、うれしいとかかなしいとかじゃなくて、もしかしたらそれもなのかな、わからないけど泣いてしまうな。いつもありがとう、思っているよりずっとずっとわたしはあなたたちのことが大好きで会いたくてたまらないです。

誰とすぐに会っても話ができるように準備運動しとかなくちゃ、だから好きな服を着て明日も家を出るよ。

一時停止!ピッ

 

歩いて踏切を渡っているとき、いつも頭の中で勝手に電車が来てしまうので困っている。これまでに何十回、いや何百回死んでしまったか分からない。試しに渡る前に電車を通らせてみたけれどダメだった。なんだかなあ。意味がわからなくなって最近は通る道を変えてしまった。

昔読んだ音楽雑誌でCoccoが、テレビからなにかがペロンと出てくるのでいつも戻さなくてはいけないと言っていた(気がする)のを覚えている。意味わかんないなこのひと、と思った。そういう感じか?いや、他人のことは知らないや。

 

 

 

何故だかチャイナブームが到来している。もうすぐ秋だから?どぎつい気もする真っ赤が超かわいいなあ。とにかく胸元のボタンがかわいいチャイナワンピースとチャイナシャツ、だぽっとしたチャイナパンツ、中国刺繍できらきらのチャイナシューズ、ぺたんこで無地のカンフーシューズ、赤っぽいメイク、もうチャイナが付けばなんでもかわいい。ネットショッピングが止まりません。こんなにかわいいのになんでみんな着てないんだ。大丈夫、この秋わたしが着ます。

 

 

 

悩むほどのことでもないけれど、最近みるみる性格が悪くなっているのが手に取るようにわかる。というよりは元来の性格の悪さにほとほと呆れ果てて、もう取り繕うのをやめたといった感じかもしれない。なんかいけすかねえ奴らのダサくてしょうもねえ部分を見て、メシウマ〜!と思える(てかそれマジで最悪だな)のは、きっと今自分にとっても余裕があるからだよね、いいことなんだか悪いことなんだか。でもいつも他人の悪口を言いながらも頭から離れないのは何十回聞いたか分からないお母さんの言葉で、悪口ばかり言うと唇がとんがる、文句ばかり言うと口が歪む、と。性格は顔に出るとも言うよね。もしかして唇出て来てないかなあとか歪んでないかなあとか不安になって、毎朝鏡の前でにこっとすることを心がけている。呆れるくらい小心者です。

お母さんのことを書いたら週末お母さんが盛岡に遊びに来ることを思い出した、部屋をはやく片付けなければいけない。結局ふたつ前の日記に書いた片付けは全然おわってない、どころか、むしろ悪化している、困った。とりあえず洗濯機を回すことにする。