片付けどないすねん

いつものミィのマグカップになみなみとカフェオレを作ってレコードを聴きながら、一向に進まない片付けに奮闘している。いや、いた。これを書いている時点で既に諦めかけている。部屋をきれいにしておっとりした気持ちになりたい。

 

楽器とCDとレコード、服と本、あと布団とお気に入りのぬいぐるみ以外は全部捨てたい。と思ったら部屋にはそれくらいしかなかった。なんやねん。テレビ要らない。扇風機はいる。掃除機とコタツもいる。アイロンもいる。もうだめだ!だめです!

 

 

最初からここである必要もそれである必要もわたしである必要だって無かった。それだけの話で、それはすごく安心することで、つまりどこでもいいということだ、とりあえず今は!誰でもいいとは思わないけど。うんうんとうなづいたら、とっても明るくおなかがすいてきた!ぺこぺこだ。

 

昨日で足枷のひとつが外れた!やっぱり面接なんてモンは大変くだらないのだ。エヘヘと笑って知らんぷりだ。さあさあようやっとわたしにも素晴らしい夏休みが訪れたのだ、足枷手枷、ふたつみっつどんどん外してゆるゆると行こうね。