冷たいレモンと炭酸のやつ

 

5月が大好きです。晴れが多い季節、雨も嫌いじゃない。花がいっせいに咲き出す季節で雨の日は花の匂いがむわっとするのが好き。特に帰り道の雨は濡れても歩きたい。金魚みたいな、雨に濡れた赤と黄色の花が今年も同じところに咲いていた。

 

5月に聴きたくなる歌がきっとわたしはすごく好きだ、昔から5月の空がいちばん青くて好きだった。実家のこいのぼりが町でいちばん悠々とのびのびと泳いでいたように見えたのが自慢だったのを覚えている、今はどこにあるんだろう。

 

なんというかわたしは、のびのびと生きたい。5月の空を泳ぐみたいに余裕な顔して高いところに登って風に乗って楽しいことを探したい。自分のご機嫌は自分で取るんだよ。

晴れの日がうれしい、すごく楽しい、好きな花が散るのが少しさみしい、朝が早くなることになんだかワクワクする、好きなものを教えたい、へんなの見つけた、楽しいものを伝えたい、とか、楽しいことをどんどん探したい。わたしの目はわたしの好きを見つけるために付いているのです。

 

誰かがご機嫌取ってくれなきゃやってらんないなんて、そんな生活は御免こうむるよ。ひとりの時間だってわたしにはたくさん発見も好きもある楽しい時間だ。楽しいこと探そう、見つけたらたくさん教えあいたいな、といつでも思います。

 

5月にどんなパワーがあるのかしら、なんだか最近はテンションがとにかく高くて疲れてしまうみたい。小さなことで無駄にすごく楽しくなったりすごく怒ったりしている。これも五月病の一種なのかな、そんな症状聞いたことないけれど。

 

きちんとすることと窮屈にすることは似てるようだけどとんでもなく全く違うな。がんばることがたくさんあるぞ。