さかなもいない

 

 

9月もおわり、それをあらわすみたいに、朝夕がぐんと冷え込んで、今日から10月です。

 

ああやっぱりわたしは変われないと思った日の夜が、いつかたまらなく恋しくなるんじゃないかなと思って、勝手にわたしはこのままでいようと決めたのです。

自分の気持ちに嘘はつけないのですし、ついてはいないし、少しおかしくても大丈夫です。

 

好きなことしよう、楽しいことつくろう。

笑った顔が見たいし、わたしだっていつまでも苦しい気持ちでいたくないのです。好きなもののせいで苦しいって悲しいことだもの。そういう付き合い方もあるかもしれないけれど、ね、たとえばわたしのピアノはわたしがダメにした、なんてことにならないように、手を取り合うよ。

好きだもの。

 

 

今日はスピッツの30周年ツアーの最後の公演、楽しみです。夢みたいな夏だったね。