水槽の部屋

今週の日記です

 

さかのぼります

 

 

7/27

春から放っておいていた髪の毛を切りました。‬
‪本当は堀越千史ちゃんみたいな髪型になりたいのに、美容師さんに「うわこいつ可愛い子の写真持ってきやがった」って思われるのを恐れすぎて、そして口下手な結果、とっても短くなるのは何回目か分からないです。‬
‪ともあれシャンプーがとっても楽だし、軽いし、おでこもさわさわして気持ちがいいです。‬

 

 リュックに今日の服のもようとおそろいのてんとう虫がとまった。なかよしだね〜。

 

 

 

 

7/26

朝起きて外に出たら、夏休みの匂いがしました。

夏の匂いじゃなくて、夏休みの匂い。

公民館前でのラジオ体操、寝ぐせを直さずに走る6時25分、朝はピアノのある部屋が涼しいこと、寝転んだ畳の匂い、水で滲んだプールカード、長かった髪の毛を切った仲良しの友達、今はもうなくなった遊園地のシャーベットのまあるいレバー、必ずお菓子を買いに寄る商店、毎日同じ具のおばあちゃんのみそ汁、ケヤキの木陰、水遊びしたあとだけのぬるいお風呂とワンピース、近所のおばあさんとこしかけて夕涼みをする土管の上、お母さんと夜の散歩、

をぜんぶ丁寧に引き出しにしまって、今日は靴を洗い外に並べ、布団とシーツを干して、お風呂の掃除をした。クリーニング屋さんにも行った。

今夜はふかふかの布団で眠れるのだ、とっても素晴らしい気持ちです。

 

ここで住むようになって2年半、20歳になって早くも半年たちようやく、生活するとはどういうことなのか、体感でなんとなく今さら分かってきました。家族と住もうがだれと暮らそうがひとりで過ごそうが、変わらないよね。

 

 

 

 

7/25

夕焼けがきれいでした。

燃えるみたいだった、岩手山が赤富士みたいだった。

わたしは生まれも育ちも日本海沿岸地域で、夕陽は海に沈むのが当たり前で、それがいちばん美しいと思ってる、今もだけれど、

それでも、海に沈む夕陽じゃなくてもこんなに真っ赤になることがあるし、夕焼けは夕焼けだなあと思ったのでした。知らなかった。住んでみないとわかりません。

 

次に住む家は海の見える部屋がいいなあといつも思っているけれど、たとえば盛岡であっても海が見えるのならありかもしれない。どうかな。盛岡市内で海の見える部屋だといったい何階建てに住めばいいのでしょう。あほだな。