読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田沢湖線にて

 

昨日までのバイトも終わったので秋田に帰ります。

久しぶりだなって思ったけれど、9月ぶりくらい。わりと最近帰ってるじゃん。笑

 

いつもはのんびりのんびりと鈍行列車で帰るけれど、今日はなんとなく新幹線の切符を買った。なんともぜいたくである。暇なのでぜいたくな気分で書いています。

前に、8歳上の従姉が大人になると時間をお金で買うようになるよって言ってた、そういうことか、そういうことです。大人になりました。

本当は鈍行列車は結構好きなので、たぶん夏はのんびりのんびり薄暗い時間から帰るのだろうな。

 

 

盛岡はほとんど雪が無いけれど、一歩町から外に出ると木々も田んぼも連なる家の屋根も真っ白で素敵です。

これも盛岡の特徴で、杉の木が少ない。秋田に向かうに連れてだんだん増えていくのだけれど、杉の木は雪の積もり方がとても綺麗で、しかも群生、というか規則的に植林されていることがほぼ全てなので、本当に美しい。

枯葉が落ちきった木につもる雪もこうべを垂れる枝も息を呑むほど綺麗で、静を閉じ込めた感じがする。雪景色は朝に限る。

枕草子とか書けそうな気がしてきた。嘘です。語彙力がないので途中から「アーめっちゃ綺麗だわ!」みたいになっていく気がするのでやっぱり撤回。うんこ。

 

田沢湖線の車窓からの景色は春夏秋冬いつでも素晴らしいです。夏もいいよね。

 

 

盛岡に住むようになってやっぱり改めて気付いたけれど、盛岡の冬は秋田に比べて圧倒的に晴れの日が多い。さすが奥羽山脈の向こう側…。秋田に住んでいると、よっぽど一日中外に出ている人でない限り、冬の間2週間くらい太陽が照っているのを見てない、とかいうこともザラにあるので、これは驚くべきことなのです。痛いほど寒い盛岡の冬が嫌いになれないのはこれがあるからなんだろうな。

寒い寒い雪の日に太陽が出ていると、救われた気持ちになります。もちろん秋田の冬も好きなんだけどね、もこもこしてて。

 

 

年明けは成人式です。母の着物を着ます。赤い着物なのだけれど、扇柄!少し珍しい柄でとっても素敵。髪を男の子みたいに短くしてしまったけど、せっかくなのでかわいくて綺麗に着付けしてもらいたいです、たのしみ。おばあちゃんとか喜ぶんだろうな。