読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢のはなし

 

 

 

ともだちとおしゃべりをしていて、話を聞いていて、まったくさっぱり訳のわかんない話なのに、私はずっと「わかる、すごいわかるよ」って相槌を打っていて、 

そしたらいつの間にか嫌われてしまった。

そんな夢を見た。

 

寝覚めはなんでだかそんなに悪くなかった。

 

夢に出てきた女の子はだれだっただろうな。

忘れてしまったけれど、離れてしまったあの子たちだったような、遠くに行ったあの子だったような、もしかして自分だったかも。